夢をみてもいいですか

美少年の腕の中にいるあたしのはなし

ろろアリ個別感想ージャック√ー

 

 

どうも、あたしです。

 

ろろアリ個別感想、ついに後半戦。

 

今回は親衛隊隊長のあの方です。うわぁ。推しなので緊張します(なんでだよ)

ネタバレバレバレなので未プレイの乙女の皆様方はお戻りください。

 

※ネタバレなし(一部ありますが飛ばせます)の全体感想はこちらから↓

 

atashigirl.hatenablog.jp

 

それではいきます。推して参ります。

 

夢の世界へ、そぉ〜〜れっ!キラキラ〜〜〜。(は?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❤︎ジャック√感想

 

 

f:id:atashigirl:20170905212222p:plain

 

 

ダハーーーーーー(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)

 

 

すみません初っ端から取り乱してしまって。なんせ推しなもんで。

 

ほんと、あたしジャックさんを攻略したいがためにろろアリ買ったので…ほんとにもう…めちゃくちゃタイプなんですよビジュアルが!そしておろおろしてる暗いキャラが大好物なもので、それはそれはもうジャックさんはあたしのために生まれてきたキャラなんじゃないかと思っておりましてですね。(違います)

 

 

ほんっっとにドツボにハマりました。

あたしみたいな根暗キャラ好き乙女さん方にほんとオススメなのが彼。クソ高く設定していたあたしの期待値ハードルを易々と乗り越えてしまったジャックさん。

しかもCV:興津和幸ハイ出ましたサイコー。(拍手喝采)

興津さんのね、ボソボソした喋り方の演技が超好きなんですあたし。だからジャックさんのCVが興津さんなのも相乗効果でウルトラハッピーなんです。

 

 

 

 

 

物語も、とにかくジャックさん色全開!って感じで、立ち絵が常に端っこで見切れてるのが可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて可愛(略)(涙)

主人公が「中途半端に見切れているのが腹立たしい」って最初からイライラしてるのがまた面白かった。こんなへなちょこ騎士さんと、この後最上級の恋に落ちるなんて思ってもみなかったんだろうね。ほんとにね。

 

ベースはクラスメイトたちから「口下手な守護霊」 という不名誉なあだ名を付けられたりするほど、今時で言う「コミュ障」キャラ。いつもおどおどおろおろ。おまけにちょっと呼びかけるだけで卒倒するほど主人公に盲目(最高)。主人公のお側でお仕えするために自ら志願して白の世界に来てくれたくらいの女王様至上主義っぷり(最高)。常に物陰から主人公を見守るその姿が本当に愛らしい!!!問答無用で抱き締めたくなる!!!

 

 

ていうか、清々しいまでに自分の事を好きでいてくれるキャラって、ちゃんと理由があるなら最高に良いですよね。

孤独を感じていた主人公に対し、彼は献身的に仕えてくれるのでとにかく存在が嬉しい。スノウさん同様、君が居てくれて本当に良かったと思うのがジャックさんなんだよね本当に。

 

しかも、ずっるいことにジャックさんには史上最強のギャップという名の兵器をお持ちでおられる。

だって、こんなナリしてて親衛隊隊長さんですからね!剣術の腕前はレインと互角、ジャックさん1人で兵士100人分の働きをすると言われている圧倒的な強さ。剣を握ると表情も変わる。なのに、根暗で口下手で守護霊なんだよ????

え?無理じゃない????(語彙力)

いざって時は誰よりも男らしく守ってくれるあたしだけのナイト様だなんて、しかもCV:興津和幸だなんて(しつこい)………あぁ〜〜〜〜〜(他界)

ダメなんだよ〜乙女にギャップはアウトなんだよ〜弱いから〜〜〜。

 

だけど、あたしが思うジャックさんの最強ギャップは「実は強い」所ではないんです。

主人公を大切にする時だけ必死になる所なんです。

普段はどもって全然喋りが上手くないし、頼りなさげで男らしくないのに、ちょっと主人公が自信を無くしたり、自分は要らない存在なんじゃないかって不安がったりした時は、全力で主人公を肯定し、「ずっとあなたの側にいます」と言ってくれるんです。びっくりするくらい流暢に、いつもは近くにいるだけで死にそうになってるジャックさんが、ちゃんと目を見て励まして支えてくれるんです。本当に、必死になって主人公を大切にしてくれるんです。

…やっぱり無理じゃない?????(語彙力)

どこまでも一途に好きでいてくれて、彼だけはいつも女王である主人公を必要としてくれる。この安心感と注がれる愛情に眩暈がします。ダメだ。やっぱり好き。君が1番最高だ。(推しに甘い女)

 

レイン対策に夜中もずっと寝ずに護衛してくれてる時もやばかった。

この人はどんだけあたしのこと考えてくれるの!?!??(号泣)ってひたすらに彼の騎士っぷりに脱帽するしかない。し〜〜か〜〜も〜〜。

 

「私も、一応男ですよ?」

 

って、この台詞キターーーーー!!!!!!!

乙女が弱い台詞ランキング堂々第1位(あたし調べ)のやつきましたこれ!!まさかジャックさんから聞けると思ってなくて動揺で本体投げ飛ばしそうになりました!!このシーンが最強に胸キュンした(;o;)

一緒に寝ちゃえば夜も護衛しなくて良いでしょ?っていう主人公の天然爆弾発言(神)に焦り散らかすジャックさんからの、まさかの寝落ちで本当に一緒にベッドの中、寝ぼけたジャックさんにぬいぐるみのように抱き締められるっていう、か、神イベントが発生しましてですね、ハイ、めちゃくちゃキュン殺しされました。ハイ。

ネロくん√とスノウさん√にもありますが、やっぱ推しとのベッドイン(意味深)は格別ですね〜〜〜涙が止まりませ〜ん。

起きた後ジャックさんが土下座してたのも最高に可愛いし、

 

昨晩目を覚ました時も、自分の腕の中で眠る彼女を見て死にそうになった。悟りさえ開きそうになった。

 

…ってジャックさんの心の声みたいなの聞いた時はさすがに殺されました。(何回死ぬの)

とにかく主人公の事が好きで、超可愛い!ダメだ!可愛すぎて反則だ!手を出してしまいそうになる!って心の中でジャックさんが葛藤してるのが随所で分かるのがすごく良かった。サブストーリーも異様にジャックさんだけジャック目線のお話が多くて読んでて楽しかったし。女王様観察日記で死亡。

 

 

あとは、やはりジャックさんの徹底した「女王様至上主義」の謎がずっと尾を引いてて、盛り上がり最高潮の告白シーンで明らかになるっていうベッタベタの王道展開も普通に楽しかったです。どうせ子どもの頃から色々あったあるあるのやつなんだろうそうなんだろうとは思ってましたが。

 

「あなたに、仕えることができれば、それでいいんです。・・・それだけで、生きている意味が、あるので・・・」

 

と、ずーーっとこれでもかってくらい主人公を盲信していて、何でこいつはここまであたしに尽くすんだ?って主人公が疑問に思うのは当然のこと。どうして血を与えるのか。どうして追ってきたのか。どうして崇拝するのか。

その理由が告白シーンで全部知れた時の、やっと報われた感!!ときめきがドバドバ!!

 

トランプ兵の家系は、生まれながらにして数字を持ち、その数字によって序列が決まっていて、ジャックは『1』の家系ながらにして最低の『11』(テイルエンド)の数字を持って生まれた。そのせいで両親や兄弟から疎まれ、周りの者も誰も彼に期待をしない。哀れみの目を向けられ、ぞんざいに扱われ。そんな中、強くなって認められたいと、自分の生きている意味を求めて剣術に明け暮れていたジャック。誰からも必要とされない寂しさを抱えていたジャックを初めて認めてくれたのが、まだ幼い王女であった主人公。すごいね、強いんだねと、「よしよし、いいこ」と無邪気に頭を撫でてくれた主人公によってジャックは救われ、主人公を守りたい一心で一層剣術の訓練をし、誰よりも強くなって親衛隊隊長にまで上り詰めた。

 

ざっとこんな感じの過去だったわけです。ジャックさんは努力の男なんですね。そして昔から一途で。回想の「この時、自分は初めて知ったのだ。誰かの瞳に映るという幸福を。目的を持つことへの希望を」という彼の心の声にう゛う゛う゛う゛って咽び泣きしそうになったのはあたしだけなんですかね???違いますよね?

しかも、この「よしよし、いいこ」が最後まで2人の中で共通して大切にされてる演出が良さみが深い。

ただ、トランプ兵の家系が生まれながらに持つ数字って何やねん、どういうことやねん、身体に刻まれるとかそういうことなの??っていうちょっとした疑問はありましたが。良いんだよ!大目に見ようぜ!!(やはり推しに甘い女)

 

更に、アリスの力によって暴走したお母様に毒入りタルトを食べさせられそうになった時も、主人公を救ったのはジャックさんだったらしく。

ハートの女王タルトを焼いた、こっそりと。ハートのジャック、とってっちゃったごっそりと。という歌と共に記憶が思い出されたのが印象的。

そしてタルトを盗んだ罪で処刑されそうになったジャックを庇って救ったのは主人公だったと。お互い救いまくり。運命かって。

 

 

 

 

「この命は、あなたに二度救われたものです。一度目は、心を。二度目は、身体を」

 

「ですから、私を信じて下さい。私の命は、尽きる時まで-いや、尽きたとしてもずっとあなたの物です」

 

「信じられないと言うのなら、何度でも言います。私は、あなたのものだと。あなたの傍を離れない、と」

 

「あなたが、何者になっても・・・いつまでも、私はあなたの傍にいますから」

 

 

そして最高にロマンチックな告白をバシッと決める。この殺し文句、「何者になっても」ってパワーワードだよね。こんなに嬉しい言葉ってないよね。少なからず主人公にとって何よりも救われる言葉を彼はちゃんとくれました。

過去から現在へ、想いが時をかけて伝えられた告白シーン、ほんとジャックさん良い男だよ君は!!(涙がちょちょぎれる)(眼球消滅)

 

待てよ?よく考えてみると、これって大いなる初恋を実らせたってことでしょ?そういうことでしょ??ハァ〜〜〜〜〜〜。ラ〜〜ラ〜〜ラ〜〜〜ラ〜〜ラ〜〜ラ〜〜〜こと〜ばに〜〜できなぁ〜い〜〜〜。(黙れ)

 

 

気持ちが通じ合ってからはもう、お決まりの大どんでん返しのターンですよ。ウルトラハッピーエンドまで駆け抜けるんですよ。

ジャックさん√は、迷うことなく黒エンドでしょう。なんてったって最高台詞を聞けますからね。

 

「生きたいって、言って下さい。逃げたいって言って下さい!私は、死んでもあなたを守りますから・・・」

 

と、レインから命を狙われ、黒の世界に戻ったら最期かもしれないのに、それでも自分は「女王」であると、自分にとっての故郷は黒の世界しかないのだと、戻ろうとする主人公に対し、ひどく悲しそうで、それでいて必死に引き止めようとする。

 

からの〜!か〜ら〜の〜!!

想いが先走り、主人公の事を考える余裕もなく荒々しく唇を奪うジャックさん!!そう!!!ジャックさん、意外と我慢できないんですよ!!もうね最高なんですよまじで!!!!!!

普段がアレだし、近付くことすらおこがましい〜!って感じかと思ったら、ここぞという場面では狼なんです。聞きました?狼なんですよ。ええ。

ああああああああたまんなああああああああい(本日2回目の他界)

めちゃくちゃキス多い。実はジャックさん√が1番キスしてるんちゃう?って思うくらいしてくれる。しかもCV:興津和幸!!(何度でも言いますよ)木村良平兄さん同様、興津さんも今では乙ゲ界に欠かせない要素なんじゃないか。本当にリップ音良い。吸血タイムの時の音も惜しみない。なんか、まじで、ほんとにありがとうございます。(土下座)(めり込む頭)

 

雄のチューを繰り広げながら、「愛しているんです」と懇願にも似た愛の囁きが…正直まじで殺しにかかってるなこいつって確信した。乙女冥利に尽きる。

 

黒エンドの良い所は、ナインさんの活躍も大きいです。ジャックさんの同僚であるナインさん、本編ではやらかしてましたが、それもこれもアリスの血のせい(出た)だし、彼の元の人柄の良さと最後の最後まで味方でいてくれたことで圧倒的好感度が高い。ナインさん普通にキャラとして好きだったほで、まじで続編で正式に√追加される事をナイン推しの乙女の皆様方と共に祈ってます。

 

そして、肝心のジャックさんの能力、「対象の弱体化」によってアリスの血の力すらも弱めることができ、無事黒の世界に戻って女王に返り咲き。やっぱり主人公もといルナちゃんは女王であって欲しかったから、こうしてまた玉座に座れてるのが見れて超ハッピーだったし、何よりも血による支配を必要としない新しい国の治め方で、本当の自分で勝負できる世界に造り替えようと頑張る主人公が素晴らしかった。どの√の黒エンドよりも最高に素敵な世界だったとあたしは思ってます。テイルエンドのジャックさんが、今じゃ1番強くなったんだぞ!誰も彼には敵わないんだぞ!っていうのがね、やっぱ努力してる人が報われるべきだなって。彼の笑顔を守れたことであたしは満足。

 

白エンドのお弁当回収も捨てがたかったですが、やっぱり愛も世界も両手にゲットした黒エンドに勝る幸せは無い!

しかも!「対象の弱体化」の設定が色んな意味で最強。だって、弱体化の能力使うにはずっとアリスの血を飲み続けなきゃいけないわけで?主人公もずっとジャックさんに弱体化し続けてもらわないといけないんでしょ?永遠に2人は離れられないんだよね!!ふたりでひとつなんだよね!!!!

…ウワァ!!ママァァ!!最高だよママァアア!!!(弱体化)(ほんとすみません)

「それぞれ片方だと完璧じゃないけど、2人でいれば怖いものなんてないんだよ」っていう終わり方もジャックさん√らしさがあって感慨深い。

 

 

まあ何が1番言いたいかってスチルがやばいってことですけどね。

 

f:id:atashigirl:20170919234803j:plain

 

 

死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡死亡(エンドレスリピート)

 

オラ・・きっとこのスチルを見るためだけに生まれてきたんだ・・・絶対そうなんだ・・・・。

 

これ過去最高にやばすぎて、至近距離で見れない。めっちゃ薄目で見ないと目回して倒れてしまう。

遠回しのプロポーズをぶちかます主人公も主人公だけど、あまりの可愛さに耐え切れずベッドに押し倒してしまうジャックさんがラ〜〜ラ〜〜ラ〜〜〜ラ〜〜ラ〜〜ラ〜〜〜こと〜ばに〜〜できなぁ〜い〜〜〜。

しかも、「あなたが愛おしくて愛おしくて仕方がないんです」って顔しながらめっちゃチューしてくれるんだぞ????見て??この顔見て?????

イケメン具合とこの表情、絵師さんに感謝してもしきれない。ありがとうもちもち太先生ありがとう。ホラ、みんなで言いましょう。ありがとうもちもち太先生。

この後の欲望をちらつかせる性急な吸血タイムも紛うことなき神シーンですし、「2人だけの儀式」っていう表現やめてもらってもいいですかね??なんかもう涙が出てくるんで。(ずっと泣いてる)

 

あまりに興奮したのでスチル紹介の前にスチルを出してしまうという蛮行、これも推しだから。許して。

 

 

 

 

 

 

 

❤︎あたし的お気に入りスチル 

 

 

f:id:atashigirl:20170920000003j:plain

 

まあ1番は先にあげてしまった罪深いアレですが。

このシーンもかな〜〜り心臓に来た。ていうか本編で1番キュン殺しされた。

ベッドに入るっていうシチュだけで悶えるのに、こう、いつもより近すぎる距離と男を感じさせる腕と体、眠っている時まで美少年なジャックさん、全てが相まって素晴らしい。

 

ぶっちゃけジャックさんの場合どのスチルも好きです。

めっちゃ当たりな気がする。吸血スチルも良いし、西洋剣術部部長との対決スチルもイッケメンだし。結論:全部。(おい)(甘いにもほどがあるだろ)

 

 

 

 

 

まだまだ書きたいことは山のようにある。

 

ミネットさんとの関係も凸凹なように見えてしっくり来るのも楽しかったなぁ。正反対だけど幼馴染でお互い信頼してて、ミネットさんは主人公にジャックを彼氏候補としてゴリ推ししてくれるし。このペア好き!っていう乙女絶対いっぱいいる。

 

あとはまあ目元のハートですかね。なぜ君はほくろがハートなのか。この世界はみんなほくろがハートになるのか。どうでもいいが非常に萌える

 

f:id:atashigirl:20170920000739j:plain

 

そしてこの笑顔。 

何この子。この世のものじゃないよね絶対。

制服姿のジャックさんがあたしは1番好きだし、とにかく彼の笑顔はあたしの世界を救ってくれます。ダハーーーーーー。

 

 

 

ああ。書き出したら止まらない。

あたし本当に歴代のキャラの中でもトップレベルにジャックさんが沼でほんとにほんとに大好きなので彼の良さについていくらでも書けます。でもそろそろ終わらなきゃいけないので、最後にひとつだけ!

 

他√のジャックさん、は白√の主人公(愛日梨)のことは「アリス様」呼びで、絶対「女王様」とは言わないんです。「女王様」はやっぱりルナちゃんだけなんですね。

ハイ、好き。以上。

 

 

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました!

次は黒うさぎさんです。

 

atashigirl.hatenablog.jp

 

 

 

 

それでは、また。あたしでした。