夢をみてもいいですか

美少年の腕の中にいるあたしのはなし

ろろアリ全体感想

 

 

 

 

 

どうも、あたしです。

 

遅ればせながら、

『白と黒のアリス』!!

終わりました!!!

 

 

白と黒のアリス

白と黒のアリス

 

 

www.otomate.jp

 

 


PS Vita「白と黒のアリス」プロモーションムービー

 

 

 

まだ余韻に浸ってます。久しぶりにどっぷりファンタジーの世界に浸かってきた感がすごい。

 

興奮冷めやらぬうちに、今回はネタバレ無しでこちらの『白と黒のアリス』、通称「ろろアリ」ドンドコプレゼンして、一部ネタバレアリバッシバシ感想を綴っていこうと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❤︎ストーリー

 

 

上に記載している公式サイト様をご覧になればわかるっちゃわかりますが、ここはお決まりのあたし的ざっくり紹介をしておきますね。

 

 

 

まず、この「ろろアリ」の世界は2つに分かれています。

 

1つは、白の世界

こちらはまあ簡単に言うと普通の人間界です。あたしたち乙ゲーマーが生活している現実世界そのものの事です。

 

2つ目は、黒の世界

普通の白の世界とは違う世界構造となっていて、まあ簡単に言うと不思議の国のアリスの世界です。女王が国を治めており、住人たちはうさ耳が付いてたり尻尾が生えてたり。法律やルールも白の世界とは全く違います。

 

この2つの世界は同時に存在していて、ひっくり返せばあちらの世界がある、表裏一体のような設定。まず最初に主人公は白の世界か、黒の世界かを選択します。そうです、今作は主人公が2人!ダブルキャスト的な。デフォ名がそれぞれ愛日梨ルナで、見た目はそっくりですが性格は真反対。ここら辺が面白い所です。

 

そして、この最初の世界選択はイコール√分岐となっていて、白と黒でそれぞれ攻略できるキャラが分けられています。

 

f:id:atashigirl:20170905205514j:plain

↑白サイドがこちらの3人で、

 

 

 

f:id:atashigirl:20170905205608j:plain

↑黒サイドがこちらの3人。

 

 

それぞれ3人ずつの計6人。どの子もキャラが濃くて面白い子たちばかりですよ〜〜〜。次は気になる彼ら攻略対象紹介に移ります。

 

 

 

 

 

 

 

❤︎攻略対象

 

 

f:id:atashigirl:20170905210316p:plain

レイン(CV:梅原裕一郎)

基本が仏頂面の無口でブリザード系の女王の側近。白うさぎのスノウの双子の弟。無愛想なのはイケメン弟あるある。レイン√はデレを待つゲーです。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170905210729p:plain

ミネット(CV:木村良平)

チェシャ猫。特技は魔法。ジャックの幼馴染。見た目通り、木村良平が得意でやりがちなタイプのキャラです。みんなが気になるのは首元のもふもふです。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170905211055p:plain

ネロ(CV:下野紘)

三月うさぎ。お城御用達の商人。カノンとはお茶会仲間。見た目通り、下野紘が得意でやりがちな以下略。明るい励まし担当。手袋がポイント。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170905211900p:plain

スノウ(CV:増田俊樹)

穏やかで温厚な女王の側近。黒うさぎのレインの双子の兄。優しいお兄ちゃんあるある。かと思えば腹黒な一面あるある。あなたはうさぎどっち派大論争が起こる。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170905212222p:plain

ジャック(CV:興津和幸)

女王親衛隊隊長。ミネットの幼馴染。口下手でこれもまた興津さんが得意な以下略。おどおどおろおろなのにめちゃ強いっていうギャップに落とされる。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170905212559p:plain

カノン(CV:花江夏樹)

帽子屋。ネロのお茶会仲間。可愛い顔して安定安心の毒舌生意気ツンデレ担当。カノン√は家庭科室で裁縫√です。布も心も裁断されまくります。

 

 

 

 

 

肝心のプレイ順についてなのですが、それぞれ個別に終わり方や展開が違うようになっているので、あたし的には自由に好きなキャラからやってもアリだと思います。

ただ、ど〜〜〜〜しても気になる!慎重に行きたいんだよドアホが!!っていう乙女の方がいらっしゃいましたら、これまた個人的な感想なのですが、ネロ√は後半に回す事をオススメします。うっかり初っ端に選択してしまい、色々とワオ!これ絶対最初じゃないヤツやないか〜〜〜い!!ってなったので。逆に序盤でオススメするのがミネットジャックかな。

 

ちなみにあたしは、

ネロ→ミネット→ジャック→レイン→スノウ

でプレイしました!できればレインとスノウは続けてやって欲しい。できれば最後に。そしてどっち派か語りましょう。え?あたし?スノウさん派です。(いや聞いてねえよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

❤︎あたし的感想

 

 

 

 

 

〜ネタバレナシ〜

 

 

実は、ジャック目当てで軽率にろろアリ購入したのが紛れもないこのあたしでして(知らんがな)、大して考えもなしに手を出してしまったのですが、かなり楽しめました。個人差はあると思いますが、あたしは満足。

 

不思議の国のアリス」をモチーフに、白と黒の世界日常と非日常の狭間を2人の主人公視点から交互に堪能でき、何よりもアリスの設定が夢いっぱいで、プレイ後はしばらくぽわぽわ〜って世界観が抜けきれず。

そう!ちゃんと世界にのめり込めたんです!

 

共通√は短く、個別√の長さも短すぎず長すぎず。絶妙な長さのプレイ時間でとってもストレスフリーにストーリーを進められたのがまずポイント高い。

最初は色々と設定がごちゃごちゃしてるので「どゆこと?どゆこと?」って手探りで進め始め、段々とこの世界の異常さに慣れていき、次第に離れ難くなる。

EDの曲がこれまた世界観ドンピシャで表してて、1エンド迎える度に曲とムービーで泣ける。あたしが乙ゲをプレイした後に、このタイトルが良かったか、そうでもなかったかの判断をするのにEDでじんわり来るかを意識しています。ろろアリは見事最後まで不思議の国へ連れてってくれました。

 

そして、キャラそれぞれに「黒い」一面があり、ただのハッピーファンタジーな物語なんかじゃない。それぞれに表と裏の自分を抱えていて、キラキラ可愛い雰囲気とのギャップが良かった。みんな抱えてるもんがあるんだよな!!そんなもんお姉さんが全部取っ払って幸せにしてやんよ!!って言いたくなるぐらい。どこか不思議で、どこかおかしい世界の理と彼らの秘密。全てを知った後の2周目からもっと楽しくなりますよ。

 

共通して言えるのは、どの子も命懸けであたしを愛してくれるんです。愛されるんです。もうね、幸せ。こんなに守られて愛されて溶けちゃうってぐらいの幸せを感じました。困難を乗り越え永遠の愛と平和を勝ち取るテッパンストーリー。みんなが好きなやつですよ。

 

 

 

そして、あたし的ナンバーワンアピールポイントはズバリ、

 

ス チ ル が 良 い 。

 

これですよ。乙ゲやってて何が待ち遠しいかって盛り上がりの頂点であるスチルを見ることですよ。

元のキャラデザは良くても、肝心のスチルがそれほどでもなかったらガッカリしません?ハイパーラブラブシーンの絵柄が超絶普通だったら訴訟起こしません?

ろろアリ最大の良さ、それはスチル。これしかない。本当にキャラによって差があるとかもなく、どれも“美麗”の2文字。輝いてて眩しくてスチル来る度に胸の高鳴りで殺されそうになってたあたし。特にエピローグに当たるスチルの力の入れようはもうさすがですとしか言えない。これを見るために生きてたって実感できる程。自分の推しが最高に美しい。良かった、幸せになれて良かったね(号泣)ってしばらくアルバムのスチル眺めては余韻に浸りっぱなし。

本当にろろアリはスチルが最強最高。

 

あと、背景も最高に美しい

 

f:id:atashigirl:20170908121912j:plain

 

f:id:atashigirl:20170908121946j:plain

 

f:id:atashigirl:20170908122011j:plain

 

f:id:atashigirl:20170908122204j:plain

 

 

ねぇ、見て???

超可愛いですよね??ほんと最高じゃないですか???

 

新しい場所に行く度に、背景を楽しみにワクワクしたり。とにかくアリスの世界観を完璧に支えているのは間違いなく背景の美しさです。

 

 

 

 

更に、吸血タイム でものすごくテンション急上昇。

アリス×吸血スタイルを取ってるろろアリさん、ほんと乙女のツボを突きまくってます。ネタバレになるのであまり深く言えませんが、アリス(主に黒√主人公)は血を飲まないとやってられないぜ!って時が多々あり、攻略対象の血を飲むシーンを拝む事ができます。逆に、飲まれるパターンもあったりして、どっちの目線でも楽しめるのが魅力。とにかく血です。血。ろろアリは色んな意味(ネタバレありの感想で後述)で血が最重要なんで。

 

 

 

買うの迷ってるそこの乙女のあなた、ファンタジー系が好きならろろアリオススメしますよ〜〜是非是非〜〜買ってその目で彼らとのラブストーリーを見届けてあげて下さいよ〜〜〜〜。(遠慮の無いゴリ推し)

 

 

細かいストーリー設定について等、物申しポイント(出た)についてはここから先で書いていきます。

ネタバレアリなので、未プレイの乙女の方はここだけすっ飛ばして下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜ネタバレアリ〜

 

 

ストーリー云々はまず置いといて。

 

Wヒロインという面白い視点で物語を交互に読み進められるのがろろアリの特徴ですが、これまた個人的に主人公が白サイドと黒サイドで雲泥の差があったように感じました。

あたしは基本的に主人公ちゃんに辛辣な乙ゲーマーですので、やってて好きになれるかどうかが鍵なんですけど、

 

 

 

f:id:atashigirl:20170907224129p:plain

白サイド主人公(デフォ名:愛日梨)

 

 

f:id:atashigirl:20170907224148p:plain

黒サイド主人公(デフォ名:ルナ)

 

 

ダントツでルナちゃんに人気集中なんじゃないでしょうか。

我儘で素直じゃなく、不器用でツンデレ。コンビニに行けなかったり裁縫が苦手だったりな所も面白くて、でも追放された身であるが故に女王の座を失った悲しみ、それをひた隠しにして強く高貴であろうとする意識だったり、全部の面でルナちゃんは応援してあげたくなる主人公でした。強がりなんだけど本当は泣き虫な所も、素直に甘えられない所も、何もかもが素敵。あといちごが大好きすぎる所も。手作り弁当=いちごになる思考も訳わかんなくて好き。

そして、黒√が不憫で仕方なかったので、ルナちゃん目線でやってて胸が痛くなる事がたくさんあって。その影響でルナちゃんに対して感情移入がすごかった。無意識に可愛い事を言って相手をドキッとさせて、後で自分の言った事を理解して焦ったりするのも最高に可愛い。久しぶりにプレイしてて楽しい主人公でしたルナちゃんは。

 

 

それに代わって愛日梨ちゃんは、正直パッとしない。普通。最初からぼんやりしてて、これといって「イイね君!!」ってなるような所が無かったんですよね・・・。ピュア過ぎる主人公が苦手っていうのもあるんですけど、愛日梨ちゃんは本当に「お、女の子〜〜〜」って感じ。とにかく優しい。そしていつも相手のことばかり優先するいかにも良い子ちゃんなキャラ。なんかこう、ルナちゃんのような素直になれない不器用さとか、ちょっとでもスパイスになるような素材があればまだ良かったんですけど。

あと、天然で男を惑わせるのでアレですよ、同性に一番嫌われるタイプのやつですよ。乙ゲだからこそ使える技でもあり。ただ、ルナちゃんと違って、素直に自分の気持ちを言える子なので、「ココ!ココ胸キュンした!!やばい!」って思ったのをズバッと代弁してくれる。そこはさすがだなと。焦らさずズバッと。告白シーンとか、見てて「もう言えよ!わかってるだろ言えよ早く!!ああ!!」ってなる時あるじゃないですか。愛日梨ちゃんはそういう時ちゃんと言うので、すぐイチャラブタイムに突入できます。よくぞ言ってくれた!!と心の中で何回も叫びました。

 

 

2人は服装や見た目も対極的、お部屋の内装まで正反対の仕様となっていて、細かな変化はすごく楽しかったです。まさに白!と黒!って感じ。

 

 

ストーリーについては、やはり最終的な終わり方に賛否両論あるんじゃないかなとあたしは思いました。

とりあえず「アリスの血」使っときゃどうにかなるっしょ!ウェーイ!!っていう印象しかない。追い詰められて、劇的な展開でハッピーエンド!じゃなく、あっさりアリスの血のチートパワーでコロッと終わる。そう、とにかくアリスの血が無敵すぎるので何が起こっても血で解決させてる感が否めないのは事実。

ですが、あたしは個人的にバッドや悲恋モノが大の苦手でして、乙ゲは夢をみるためのものじゃなくちゃいけない!っていう頭があります。最後はやっぱり幸せで最愛の人との最高にハッピーな未来を掴んで終わって欲しい。なので、あたしのようなハピエン信者さんにはろろアリすごくオススメです。もうね、正直話の筋が最低限通っていればあとはラブラブハッピーに終わってくれたらそれで良いんですよ!キャー!良かったね!幸せだね!ってなればそれで良いんですよ!!!

ろろアリは白エンドと黒エンドの2つのエンド(バッドはガン無視)があるんですけど、両エンドともそれぞれの幸せの形があって、どっちもめでたしめでたしで終わってくれたので超スッキリしました。

最後のトロフィーの表示も、「◯◯(攻略対象名)の物語」ってなってるのすごい良い。「◯◯白エンド」とか「◯◯黒エンド」とかだったら、一気に「あ、乙ゲやってたんだなあたし」って現実に引き戻されちゃいそう。あくまでも不思議の国での不思議な恋愛っていう世界観を崩さずに、例えていうなら「夢中になって読んでた本を閉じた」っていう終わり方?(伝わるかな)なのが本当にベストだった。終わった後の余韻な残り方も好きで、しばらくジャックさんの事しか考えてなかったです。(推し)

 

あと、最後のお茶会も最高だったのでアレもうちょっと長く具体的に書いてくれると尚良かったかなぁ。なずなちゃんたちとの最後の交流ってだけで泣けてくる。

サブストーリーもなかなかにたくさんあってニヤニヤしました。本人目線の物語もちょこちょこ読めるので楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❤︎サブキャラ紹介

 

では、ざっと感想を済ませましたので、いつものアレ、いきます。

 

「良い乙ゲは、良いサブキャラから!」

 

・・・という事で、(雑か)本作を彩ったサブキャラたちもちゃんと紹介してあげたい!!

 

まずは、白サイドの仲良し3人組から〜

 

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908125916p:plain

なずな(CV:広瀬さや)

主人公のクラスメイト。見た目ギャルっぽくてモテそうなのに恋愛より食い気な所とか最高に好き。困ったら相談に乗ってくれる頼り甲斐のあるお姉ちゃん。見た目も可愛いし性格も好感しかないしでなずなちゃんゴリ推し

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908125939p:plain

美羽(CV:近藤佳奈子)

主人公のクラスメイト。ふんわりおっとりな性格で、特技はタロット占い。隙あらば運勢とか色々占ってくれる。なずなちゃんと美羽ちゃんペアで恋愛の後押ししてくれるのすごいニヤける。声を聴くだけで癒される。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908130002p:plain

洋平(CV:五十嵐巧己)

主人公のクラスメイト。見た目普通に良いのに非モテな立ち位置が愛らしい。気さくでフレンドリー、こんな男友達が欲しいで賞堂々受賞。主人公の事少なからず気にかけてる感が垣間見えて萌える。第二ボタン貰ってあげるよ。

 

 

 

 

この3人は学校生活編でかなりお世話になりました。出番が白の世界でしか無いのが残念。もっと出てきて欲しかったなぁ。

女友達だけじゃなく、ちゃんと洋平という男友達も居たのがとても良かった。だからこそもっと洋平くんの出番も増やして。ていうかサブキャラにしとくのにはみんな勿体無いんだよ〜〜〜!

 

 

 

 

 

では、続いて黒の世界のサブキャラたち。

 

 

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908131126p:plain

ナイン(CV:鈴木裕斗)

トランプ兵隊長。ジャックの同僚。ナインさん推しの乙女の方、多分いっぱい居るはず。この子もサブなのが悔やまれるくらい良いキャラでした。味方だと言えるポジションに居てくれたし、何よりも顔が良い。(顔が良い)

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908131829p:plain

ラッテ(CV:武内健)

眠りねずみ。ネロとカノンのお茶会仲間。ハイ、次はラッテさん√欲しい乙女の方手を挙げて〜。(全力挙手)この子多分サブの中で一番人気だと思う。だって可愛いもん。「ふわぁ〜〜」って。「ふわぁ〜〜」って。天使。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908132200p:plain

アサギ(CV:千葉一伸)

芋虫。街の商人。この方もなかなか根強い需要が感じられるキャラ。絶対芋虫な見た目じゃないでしょ。ハイ、アサギさん√希望の乙女の方、手を挙げて〜。(はーい)色々と気になる人なんだよなぁほんと。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908132529p:plain

ミスティ(CV:水橋かおり)

公爵夫人。ミネットの飼い主。可愛い。可愛いのにちょっとアレだったのがアレですがこの方ともじっくりお茶してみたかった。巨乳だし。ミスティーーーーーーーー!!!!!(ミ◯ティ風)って言いたくなる。(面白くない)

 

 

 

f:id:atashigirl:20170908133150j:plain

ダムとディー(CV:宮田幸季)

鏡番。双子のぬいぐるみ。なぞなぞとお菓子が大好き。この子たちのぬいぐるみ普通に欲しい。一緒にお散歩とかしたかった。サブストーリーとかでダムとディーの話とかあれば良かったのに。そして宮田さんすごく頑張ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャラデザはもちろん、みんな本当に可愛い。ラストに彼ら全員集合でわちゃわちゃする回とかあったら最高だった。

 

 

とりあえず、あたしはラッテ√とナイン√を所望します。いやまじで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❤︎まとめ

 

 

『白と黒のアリス』、通称「ろろアリ」。

あたし的にはとっても満足しました。なんか疲れた時とか寂しい時にそっとプレイしたい。そんな作品。キャラたちにとにかく癒され、愛され、幸せいっぱい。

 

 

ろろアリ新作も来るみたいなので、大いに期待!!!

続編であることを願っています。ジャックさんにまた会いたい。新作でキャラ総入れ替えとかじゃないですよね?設定的にそれもできるのがろろアリなので怖い。怖いよ。ジャックさん居なかったら泣いちゃう。

 

 

 

次はキャラ別の感想を書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

ではではこのくらいで全体感想終わり。

 

最後まで閲覧ありがとうございました!

それでは、また。あたしでした!