夢をみてもいいですか

美少年の腕の中にいるあたしのはなし

スカレ個別感想ーユゥジ√ー

 

 

 

どうも、あたしです。

 

今回は、前回のスカレ全体感想に引き続き↓

 

atashigirl.hatenablog.jp

 

個別√感想に突入します。

ネタバレしますので、ネタバレ目的の乙女の方のみの閲覧を激しく推奨します。

 

 

第1発目は、あの方です。

 

 

 

 

 

 

❤︎ユゥジ√感想

 

f:id:atashigirl:20170802221630p:plain

 

ちょ、まず最初に良いですか?

↑このユゥジさんテラタイプなんだけど

 

何?DEATH時の髪掻き上げスタイルは何?

名前の通り殺しにかかってるよね?

ほんとこのユゥジさん神がかってて無理ですが皆さんはどう思いますか。

 

 

で、何故トップバッターユゥジ???って思った方。

何故ならばそれは、プレイした順です。(あっそ)

 

ちなみに、あたしの場合、

 

 

ユゥジ→カズキ→ヒロ→ヨウスケ→タクト→ヒジリ

 

の順でプレイしました。

ヨウスケ→タクト→ヒジリは絶対譲らなかったので、初っ端はとりあえず一番興味の無い(失礼)ユゥジさんを選択。

 

「みんなの頼れるお兄ちゃん」系のキャラって、どうしてもありきたりであたしの推し基準に残念ながらスルーしてしまう事が多いのだけど。

 

恋愛面では多分一番乙女ゲームしてた√です

 

全体感想で何度も言ってきた、「スカレは乙女ゲームではない」の主張を取り下げる気はありませんが、あの中だとまだユゥジさん√がそれっぽかった。全然乙ゲではないけどね。(どっちだよ)

 

 

さすが最年長だけあって、すぐに甘い言葉を囁くおじさん。

さらっと好きって言うし、「お姫様」呼びしてくる。戦闘中も隙あらば口説き文句を投げかける。そういう所です。

 

けど、なんかこう、「女!!!!」ってよりは、「」として可愛がられてる感があるというか、見てて心配になるから、俺が世話しないとな!って感じ。

でもウザくない守られ方。むしろとてつもなく安心するし、爽やかにときめきが生まれる。だからお兄ちゃん系に弱い乙女の方にはユゥジさんがダントツでオススメ。

 

ユゥジ√は、最初から最後まで共通して見えてくるテーマがあります。

ズバリ「家族」!

「家族の暮らすこの世界を守りたい」と何度も口にするユゥジさんの姿を本編でお目にかかる事が多いのですが、彼の中で生きる原動力、戦う意味は全て「愛する家族」に収束されています。

「家族」というのは、地元ハコダテに住む両親やきょうだいたちだけではなく、共に戦い共に奏でるISの仲間たち、そして主人公である教官。彼の周りにある、彼の大切にしたいもの全て。

 

誰よりも愛が深く、力強くみんなを支えるユゥジさんは素敵でした!何よりも、「家族を守りたい」という純粋な気持ちと、そのための力に対し「決して綺麗事は言わない」スタイルに全力で共感できました。

それは、「この世界全てを救ってやる!!」とは言わない事。

 

「俺はな、すべての人類を守るために戦うなんて立派なことができるほど器の大きな人間じゃないんだ。けどな、自分の大切なものくらいは自分の手で守りたいと思ってる。もちろんお前のことも守るぜ。俺がしっかりとな」

 

このセリフであたしはユゥジさん大好きになりました!!!

 

これこそ人間。全世界の幸せを願う余裕なんてなくて、ただ自分の周りの愛するものを守れたらそれで良い。

嘘偽りの無い純粋なユゥジさんの願い、心底分かるしそれを口にできる彼に尊敬しかない。本当に!このセリフはユゥジさん√ナンバーワンの名言ですよ。

 

そして〜からの〜

 

「自分勝手で悪いんだけどよ。守らせてくれよ。お前のこと」

 

吐血!!!!!!!!

 

イケメンな事言い過ぎにも程があるだろ。

是非守ってくれ。そしてあたしを離さないでくれ。

 

 

 

 

更に彼の内面の良さを語るとすれば。

「仲間思いでよく周りを見ている人」と言えます。

 

「タクトはくそ真面目がボーダーを越して天然に走るようなやつだし、カズキはもうほぼ人外だ」

 

この的確なタクトさんとカズキさんの表現かなり好き。的確過ぎる。

 

「ヨウスケの料理はもれなくかわいらしい見た目してんだ。食べるのがもったいないほどだぜ」

 

ヨウスケの料理の可愛さについても言及。

 

 

 

 

一番はやはり初期の頃のツンツン通り越してギンギン(は?)なヒロくんのことについて、

 

「ヒロはちょっとナーバスなんだ。壊れ物注意って感じ?扱いには気をつけてやってくれよ」

 

この彼の言葉でどれだけあたしが救われたか。ほんと最初のヒロくん絶対零度過ぎてバッキバキに心へし折られてたからな。

ちゃんもヒロくんの人付き合いが苦手で不器用な所、自分の居場所に怯えてることを分かっている上で主人公に対しアドバイスしてくれる。

 

 

 

 

極めつけはアレですよね、嫁ENDですよね!!! 

 

ユゥジと違い孤独な家庭環境で育った主人公に、

「俺が、家族になってもいいんだぜ」

はずるすぎるし、有言実行する所もまた。

 

ユゥジ家とも仲良くさせてもらってる良い感じの終わり方、まさに平和を体現してた。青ENDに相応しいのがユゥジさん√。別名嫁END。

 

 

 

乙女の夢は推しと結婚じゃないですか。もちろん。

ユゥジさん√はだから素晴らしい。嫁にしてもらえるってユゥジ推しの乙女の方々生きてる???

 

 

 

紅ENDの方はですね、シンプルに良い

脳内お花畑夢女代表なので、バッドENDとか死ネタとか悲恋もろもろ全部無理なタイプなので、青ENDに越したことはないのですが、ユゥジさん√の紅ENDはなかなか良かった気がします。

 

結局サブスタンスに侵食されてしまい、闇堕ちしてしまう(全員共通)のですが、紅ユゥジさんの根底にあるのはやはり「守る」という強い意志で、青と何も変わらない。本当に純粋に大切なものを守りたいからこそ、「力」に固執してしまっただけの人でした。

だから、単純に暴れ回ってウオオオオオお前以外いらねぇんだよぉおおってなるだけだったら嫌だったんですけど、守るために力を手に入れ、世界を統べようとする彼の姿は変わらず堂々としていて。良かった。

 

 

 

 

 

 

 

❤︎あたし的お気に入りスチル紹介

 

f:id:atashigirl:20170808192759j:plain

 

 

この角度。良い感じの髪の毛。

優しく添えられる手。

見つめる眼差し。

 

ユゥジさん√イチオシのスチルはこちらです。

この瞬間は結構乙ゲっぽかった。(一応乙ゲらしいです)

なんか、お兄ちゃんみも感じるし、大人の色気みもある。このショットなかなか。うん。ユゥジ推し生きてる???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで初回の個別紹介は終了。

正直、ストーリー金太郎飴スタイルのせいでほぼ同じ話だから、エピローグとかボーナスストーリー以外に書ける事が無いんですよ・・・。

 

だから、あっさりすっきりとした感想しか書けない。まじで、ストーリーは完全個別にするべき。頼みます。本当に。

 

 

ただ、ユゥジさん√はトップバッターに相応しい√だったと思います。一番最初に持ってきて良かった。君の存在に感謝。

ユゥジさんがいないと破綻しますからね色々と。

 

 

 

次はユゥジさんから言わせれば「人外」のあの方です。

 

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました!

それでは、また。あたしでした。