夢をみてもいいですか

美少年の腕の中にいるあたしのはなし

ニルアド個別感想-隼人√-

 

どうも、あたしです。

 

この前ニルアドのあたし的大まかな感想を書きましたが(下記参照)

atashigirl.hatenablog.jp

 

 

こんなもんじゃ満足できません。

まだまだブワァァアアアア言いたい事ありますから。

 

なのでまた個別にキャラ毎の√感想を綴らせてください。

この余韻を吐き出させてください。

 

また、ここから先はネタバレ考慮皆無ですので、プレイ済の方か、もしくはネタバレ目的の方のみの閲覧を激しく推奨します。

ガッツリですからね。容赦しませんよ。あたしは言いましたからね。

 

 それではいってみましょう!

 

 

 

 【尾崎隼人√感想】

f:id:atashigirl:20170316135018j:plain

すいません。公式の応援バナー使い回しですてへへ。

 

 

まず最初に。

隼人に一目惚れした全乙女の皆さん。

 

彼は誰がどう見ても確実にメインであるにも関わらず、

滉・翡翠・昌吾・紫鶴・累√をクリアしなければ解放されません。

(ちなみに累√は、前の4人をクリアすると解放されます。)

 

彼からやるって決めてるの!!な乙女の皆さんはさぞ残念だったでしょう。

そしてまだかまだかとそわそわ期待した事でしょう。

 

 

あたしもまさか制限かかってるとは思わなかったので、オッと思いました。

そしてどこまでお前はよいしょされてるんだ!!と。

期待しない方がおかしいってやつですよ!全くもう!

 

 

そんな隼人、お前にあたしは言いたい事がある。

 

 

お前は一体何なんだ。

 

 

隼人推しの全乙女に先に謝ります。申し訳ない。

ついつい感想を書くとなると毒舌になるのでそこら辺ご理解の上、「オタクが何か言ってるな〜」くらいの気持ちで見守って下さい。

 

 

ほんと、隼人にはツッコミだらけなんですよ。

一言で言えば、いや一目惚れなんかーーーいって事です。

だって序盤から突然「貴方が好きです」と告白しだし、やってるこっちは「!?!??!?」ですよ。

 

 

「一目惚れしたんだ」

 

 

いや待てや。

 

 

は?舐めてんのかこいつ。あたしの心境はこんな感じでした。

 

いやね?主人公に一目惚れしてくるやつは他にもいる(累)んですよ。

でも彼の方はまだ流れが自然で、一般的な一目惚れとして成立してたんです。

 ですが隼人は何だ。話によると主人公とまだ出会ってない頃から公園で見かけて一目惚れし、ずっと話しかけれず見つめていた。そしたら奇跡的にフクロウとして主人公と出会えてウハウハだと。何やねんそれ。

 

設定に無理がありすぎるだろ。一目惚れからのスパン長すぎか。

一途に主人公の事を想い続けてた隼人のひたむきさにやられた乙女も多いと思いますが、まあこの辺は意見がスッパリ分かれますよね。

あたし自身、一途なキャラは嫌いじゃなくむしろ好きです。

ですが隼人の場合はそれが飛び越えてあたしの中で「不自然」の枠に入ってしまったため、惜しかったなぁ〜と。

 

更に言うならば、彼は絶対にやって欲しくなかった事をやらかしました。

そうです。 

 

 

出たーーー!!!!!

結 局 許 婚 奴ーーー!!!!!

 

 

この王道なオチ。まさかとは思いましたが。がっかりですあたしは。

主人公が家の為に知らない男と結婚させられそうになってた事実を忘れかけてた最後の最後で「俺が八代なんだ」のカミングアウト。何てロマンチック!!!派の方も気持ちは分かります。ですがあたしは残念ながらそっち側では無かったという事です。

だって!だって!「親の力は使いたくなかった」とか言っときながら、結局は主人公と結婚する為に父親に頼んでたわけじゃないですか。ぶっ飛ばすぞ。

 

ハッピーハッピーに集結したので、良かったっちゃ良かったんでしょうけど。

このゲーム特有の奥の手はできれば使って欲しくなかった。単純に隼人の言動と矛盾しか感じれない。あたし的決定打となりましたね。

 

でも、最後に隼人の手記を読んでしまってからはそうも言えなくなりました。手記、ずるくないですか?あんなの読まされたらもう許容せざるを得ないじゃないですか。隼人の主人公に対する気持ちが強く表れていて、本当に素敵でした。

 

 

 

 

あたしは最初から相手にグイグイ来られるよりも、主人公と共に過ごしていくうちに魅力が分かって惹かれ合い、やっと振り向かせて結ばれる。そんな流れが最高に良いと思うんですよ。そう、2人の付き合うまでの過程に萌えを見出したい。

 

そしてグイグイ来るなら来るで、主人公が何故彼を好きになったのか、がやってるこっちにもちゃんと分かるような物語にして欲しかったです。

隼人は共通√の時とあまり印象も変わらず、ただ告白されて主人公気になりだして、かっこいいし好きかも、みたいな。

違うでしょ〜。もっとこう、グッと心の距離が縮まる出来事が無くちゃダメでしょ〜。

お前ちょっとビリヤード上手かっただけやん。

後はなかなか煮え切らない主人公に痺れを切らして、嫉妬してただけやん。

これは前の記事で言ってた事にも含まれます。 

 

あと、最後にもう1つだけ言わせてくれ。

隠しキャラの隠さん√の件です。隠さんともイチャラブできるのか!?と期待したのに、いやほとんどお前やん。

こればかりは隼人に文句言っても意味無いですけど!ただ隠さん√もちゃんと√として別に設定して欲しかったーーあーーあーーー。隠さんと恋愛したかったーー。でも隠さん√はこれはこれで彼の心の奥底が少し見えて、なるほどなと納得できたのも確かです。最初から隠さんの怪しさ神がかってましたけどね。次回作は正式に√出てくれないかなあ!皆さん一緒に期待して待ってましょう!

 

 

次は隼人√の良い点を挙げましょう。推しの乙女の皆さんに殴られそうです。

迷わず答えられる程、魅力あるキャラでしたよ!ほんと勘違いしないで下さいね!

 

 

 

隼人もただ主人公に一目惚れしたからという理由だけでは無かったですよ。近寄ってくる周りの男どもを蹴散らしてた主人公に惹かれたとか。

葦切さんからは、「かなりの色男」で「かなりモテてた」にも関わらず、女に興味が無さそうだったと。美人な女優さんまで振ったらしいと。

「そんなの振るに決まってるじゃん。俺はお前が好きなんだし」と事もなげに言い切った隼人にはさすがに痺れましたね。何かこう、うわあってなる。めっちゃモテて頭良くて運動もできるみんなの人気者が、実は自分だけ見てくれてたっていうシチュ。これは王道ですがみんな好きだと思います。

他のキャラの√でも、ちょいちょい隼人の主人公に対する微妙な視線が匂わされてたので、理由がわかって切なくなりましたね。

 

 

優しさ故に苦しむ主人公の側に居て、励まし優しく支えてくれた隼人の心の器も見所です。いざという時の良い所は全部持ってっちゃうんです。まあイケメンにこんなにされたらそりゃ落ちるわな、みたいな。

その上ただ熱いだけじゃなく、仲間思いで人の上に立つ事ができる男なんですよ彼は。信頼されてるのも分かるし、朱鷺宮お姉様からの太鼓判も押されていたぐらいです。きっとその彼特有の人柄なんかに主人公も心を動かされたのかなぁとあたしは推測します。

犬みたいに台所で後ろから抱き締められた時、あれは反則です。梶くんのあの甘い声が存分に生かされてました。主人公を呼ぶ時のあの「すっげー愛しいよお前」感がビンビン伝わる感じはもう最高ですね。正直暴れました。

 

 

そして彼だけが唯一最後に主人公と結婚(仮)するんですけど、あれ見ちゃうともうダメですよね。結婚って乙女の大いなる夢じゃないですか。あんなに終わり方が最大級の幸福に包まれてるのは隼人がずば抜けてます。素直で、嘘偽りなく主人公に愛を注ぐ隼人の男前加減尋常じゃないです。

 

 

 

f:id:atashigirl:20170316212932j:plain

 

そしてあたしが1番好きなスチルはこれです。他にもチューしたりイチャイチャしたり甘いスチルがたくさんありますが、あえてこれを選ばせてください。いやこれしか無い。

この最終決戦後の主人公と弟ヒタキを迎えるシーン。この表情ですよ。

彼の想いが十分すぎる程よくわかる素敵な一枚です。感動しました。

あと全然関係ないんですけど、隼人ってあんスタのりっちゃんに似てますよね。あ、あたしあんスタ勢じゃないんですけど。このスチルは特にりっちゃんみがありますが皆さんどうですか。

 

まあ付け加えるならあたしは彼のビジュが最強に好みです。横の髪が若干アシメになってるんですよ。いやあ。隼人。お前文句無しにかっこいいよ。

ただ本命とまではいかなかったのが、前述した通り。

粗はありますが、それでも「クソ!!やられた!!」と思わせてくれる所満載で、主人公を一途に想ってくれてる心地良さがやっぱりあああああ何なんだお前はあああ!!って感じのキャラでしたね。

 

 

 

 

 

うん。

隼人√はこれぐらいで良しとします!

 

今振り返ると、甘々スチルの時の梶くんボイスを何度再生した事か。語尾に「?」が付いた隼人のあの甘えるような台詞が超ツボで。書いてるとまた聴きたくなってきた。イヤホン片耳だけ付けて、1人ダミヘ気分を味わうの、すごくオススメですよ。

 

 

 

※ キャラ別√感想まとめはこちら↓

 

atashigirl.hatenablog.jp

 

 

 

最後まで閲覧ありがとうございました!

 

 

それではまた。あたしでした。